創業融資広島センター

日本政策金融公庫で決まり!

日本政策金融公庫って?

 

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

日本政策金融公庫は、国(政府)のサポートでできている金融機関です。

 

普通の銀行が避けてしまう、小さな会社(個人事業)の融資を担当する使命をもっています。

 

その中で、これから起業する人への創業融資は、民間の金融機関ではあまり取扱いがありません

 

起業したての人に融資をするのは、リスクが高すぎるからです。

 

その点、日本政策金融公庫は、国の政策のあと押しもあり、積極的に創業融資をおこなっています

 

とくに最近では、創業(創業前および創業後1年以内)融資実績が、2015年は26,465企業となり、数としてはこの10年で最高となっています。

 

創業融資の実績表

 

この背景には、起業する人が増え、日本政策金融公庫の名前自体も知られるようになったからだと思います。

 

 

日本政策金融公庫から創業融資をうけることには、次のメリットがあります。


 

1 金利が比較的低く、固定金利

 

融資の利率は、新創業融資で年利が2.5%程度と低く設定されている。

 

例えば、400万円を年利2.5%で借りると、最初の1年の利息額は、10万円(月8300円)。

 

現実には毎月減っていく元金に対する割合なので、もっと小さい額になります。

 

銀行の場合ですと、利息は100万円の融資のケースで、年利10%を超える場合がほとんどかと思われます。

金利が低い

また、金利が固定されていることもメリットです。

 

超低金利時代の今でこそ、変動金利の場合、金利上昇にともない利息額もあがってしまいます。

 

固定金利だと当然金利は一定であり、元金が減っていくにつれて利息額も減っていきます。

 

2 最大3,000万円が無担保・無保証人で活用できる

 

日本政策金融公庫の創業融資なら、無担保・無保証人で最大3,000万円までの融資可能性があります。

 

銀行融資で求められる経営者本人が連帯保証人になることも必要ありません

 

地方自治体が行う「制度融資」だと、信用保証協会の保証という、いわゆる保証人をつけなければいけません。

 

もちろん、日本政策金融公庫の創業融資では不要であり、あなたの信用だけで融資をしてくれます。

 

⇒制度融資とは?

 

3 返済期間を長く設定できる

 

銀行などの民間金融機関の場合、通常1年の短期借り入れ、長くても3年ほどの返済期間はしかありません。

 

一方の日本政策金融公庫の創業融資であれば、通常は5年ほどの返済期間に設定される場合がほとんどです。

 

月々の返済額が抑えられれば、その分事業にまわせるお金が増え、より早く軌道に乗せることも可能になるでしょう。

 

4 創業の悩みに乗ってくれる

 

日本政策金融公庫は、創業融資の相談にきた人に、親切に応対してくれます

融資相談

 

相談はもちろんのこと、あなたの事業計画をよくするための「創業サポートデスク」(予約不要)を全国152支店で開設しています。

 

専任の担当者が、創業計画書のたて方や融資申し込みのながれ、融資制度等について丁寧にこたえてくれます。

 

相談窓口のリンクを貼っておきます。⇒店舗一覧はこちら

 

5 銀行など民間の金融機関からの融資が受けやすくなる。

 

日本政策金融公庫の審査がきまると融資をうけた実績が残ります。

 

そして、きちんと返済していれば、銀行や信用金庫など民間の金融機関からの融資審査がとおりやすくなります

 

創業融資の審査を通ったということで、信用がたかまるからです。

 

 

日本政策金融公庫の創業融資はメリットばかりではない!デメリットって何?

融資をうけるまで、比較的時間がかかるということです。

民間の融資などは、審査自体はきびしいですが、費やす時間は短くスムーズにすすみます。

 

消費者金融が数日、銀行だと1週間ほどで融資が決定します。

 

これに対し、日本政策金融公庫の創業融資は、審査自体若干ゆるいものの、3週間〜1か月かかります。

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065