創業融資広島センター

創業融資の担当者が見るところ 「経営者としての資質」

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

創業融資については創業融資の現実でもお話してきました。ご参考ください。

 

どのような事業を経験してきたのかが非常に大事だという話をしてきましたが、それを示すのが創業計画書の中の「経営者の略歴等」での記載です。

 

創業融資では、一般的な融資とくらべて、起業家の今までの実績を判断の材料とすることができません。

 

その代わりとして、起業者が起業に至るまで、どのような経験をつんで、どんなノウハウやスキルを習得してきたのかを創業融資の判断材料とするのです。

 

そして、起業家は起業すれば、サラリーマンとしてではなく、経営者としての能力を必要とします。

 

たとえば、これから起業する事業内容にかんする知識、マネジメント能力、事業戦略をどう打ち立てていくのかという能力です。

 

創業計画書の「経営者の略歴等」の中で融資担当者は、あなたの経営者としての資質を見極めようとします。

経営者としての資質

 

金融機関の融資担当者は、あなたがこれからとりかかろうとしているビジネスに対して、さほど詳しくありません

 

では、どうやって創業融資の担当者はあなたの経営者としての資質を判断しているのか?

 

融資担当者は、日本政策金融公庫の業務で培った経験から判断せざるを得ないのです。

 

具体的には、次のような観点で把握しようとします。

 

1 どんな経験があるのか

あなたのこれまでの経歴や職歴をとおして、実績やノウハウがしっかり蓄積されているのかを、把握しようとします。

 

そして、ノウハウが今回の事業にどんな形で生かされるのかを見極めます。

 

融資担当者は「経験を積んだ業界で起業する方が成功率が高い」「未経験の事業を立ち上げると失敗する」ということを、融資担当者の経験から判断します。

 

実際に失敗している多くの事例は、未経験分野での起業が目立つのです。

 

例えば、あなたがカフェを開業するのに、飲食店で働いた経験がない人だと、失敗する可能性が高いと判断されます。

 

あなたがこれまで店長やある役職に付いていたことがあれば大いにアピールしましょう。

 

融資担当者は、あなたがマネジメント能力があると高く評価します。

2 接客や営業活動はできるのか

中小零細企業は、経営者が実際の現場に出ていったり、営業をするといったことは、当たり前といえるでしょう。

接客をしている女性

ましてや、創業時においてはなおさらです。

 

そのため融資担当者は、接客や営業ができる経営者なのかチェックします。

 

ではどうやって判断しているのでしょうか。

 

それは、実際の面談の場においてです。

 

あなたが融資担当者との面談の中で会話のキャッチボールができるのか、常識的な行動がとれる人なのかを判断します。

3 ロジカルシンキング(論理的思考)があるのか

通常、経営者は、会社勤めの人よりも高レベルの思考能力が求められます。

 

これも面談において、「頭の回転が速い」「頭脳明晰な人だ」ということを融資担当者に植え付けることができると、稟議書の人物印象欄が高評価になります。

 

4 経営に対する覚悟と熱量があるか

起業することに対して真面目に取り組んでいるか、絶対に成功させてやるんだという気概が問われます。

 

しかし、経営者の中には、「世の中が悪いんだ」「景気が良くないんだ」とマイナスな発言をされる方がいます。

 

融資担当者は表向き付き合ってくれるでしょうが、内面では言い訳を言っていると冷めた眼で見るでしょう。

 

大事なのは、何事も自分で責任を負うという覚悟と、事業に対する熱い思いのたけを融資担当者に見せつけるのです。

5 隠し事をしていないかどうか

融資担当者が自信をもって、この人には融資を進めてもいいという結論をだすためには、あなたに関する情報を正しく把握することが大事です。

 

そのためには、あなたが正直に隠し事をせず、情報を出していけば印象もいいし、スムーズに融資が進んでいくでしょう。

6 お金や数字に関する考え方(計数管理)

お金や数字に関することを融資担当者にわかりやすく説明できるか。

計数管理する社長

それは、経営上の数字が最終的に”利益”と”資金”にどう関係し、どう影響するのか理解する能力と言えます。

 

なぜなら、経営者にとって最も重要なことは、いかに利益を生み出し、資金を回していくかに他ならないからです。

 

そして、返済や支払いに関しても誠実に期日を守ることができる人かどうかも重要です。

7 経営者に向いているのか

経営者としてふさわしいかどうか、面談時の会話や行動で把握しようとします。

 

融資担当者が「この人は活力がある」「苦難を乗り越える強いハートがある」「積極的な考え方ができる」という印象を持てば、安心して融資が進められるという気持ちになるのです。

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065