創業融資広島センター

なぜ起業後にお金を借りるのはいけないの?

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

通常、金融機関がお金を貸す判断材料として、会社の決算書などの実績をみます。

 

当然起業後すぐの会社に、実績はないと言っていいでしょう。

赤字

多くの起業者は、創業直後は赤字になる傾向にあります。

 

売り上げが、目標に達して利益が出るまでは、ある程度時間がかかるものです。

 

また、創業前に計画していた以上に、広告にかける宣伝費が上乗せしてきたりもします。

 

ただ営業しているだけで必要になる経費もあります。

 

人件費や家賃といったものは、容赦なく当初の資金から削られていきます。

 

このように起業した直後の経営というのは、非常に不安定で、想定外のことも起こりやすいです。

 

そうですよね!あなたは初めて一人で経営に取り組むのですから、わからないことがあったり、予期しないアクシデントに見舞われるのは当たり前です。

 

こうしてワラをもすがる思いで融資を申し込みしたとしましょう。

 

すると金融機関は、開業から数か月分の決算書を見せてとか、お金の入金状況を確認させてくれと言ってきます。

 

もちろん、融資担当者も創業当初は赤字になりやすい傾向であることは分かっていますが、実際に赤字の決算書をみると、あなたに良い印象は持ちません

 

だからこそ、起業前にお金を借りた方が得なのです!

 

「自分には自己資金があるからいいよ」という方

 

こういった意見をお持ちの方は、潜在的に多いのです。

 

「自己資金だけで十分やっていける」と思っている自信家の方や、そもそも資金調達に無関心の方かどっちかで
はないでしょうか。

 

しかし先述しましたように、金融機関はあなたが困ったときにお金を貸してはくれません。

傘を貸す

 

銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」という言葉もあるくらいです。

 

ここで考え方を変えましょう!

 

あなたが自己資金を500万円持っているとしましょう。

 

これを元に、融資を掛け合うと同額かそれ以下(200〜300万円)は、簡単に融資を受けることができます

 

しかし、テナントとの契約や内装工事を急ぐあまり、自己資金500万円でとりあえず開業し、そのあとに、融資を申し込んでも、借り入れは困難になります。

 

融資担当者からは、創業計画よりも大幅に売り上げが下がったのではないかと、いらぬ詮索をされ、開業したこと自体が間違っていたのではないかとさえ評価されます。

 

一方、起業前にお金を借りて、返済実績を積み上げていき、借りたお金を半分ほど返したころに、金融機関から再度お金を借りませんか、という連絡が入ることがあります。

 

返済した金額と同じ額かそれ以上を融資しますよという提案がされます。

 

こうなればまたとないチャンスですし、よほどのことがない限り融資を受けられますので、積極的に借り入れしましょう。

 

経営者であるなら、一歩先の資金繰りを予想した財務感覚をもち、何があってもいいようにいつでも借りることができる状況を作っておくことは大事なことだと思います

 

借入が不要であっても借入しましょう

 

飲食店で言えば、1000万円が開業時に要する資金と言われますが、例えそのくらいの資金があったとしても、借入はできるだけしましょう

 

この場合実際に融資できる額は知れていますが、大事なのは金融機関との関係性を構築して、いつ襲ってくるかわからない危難に対応するためです。

未来を見通す

 

これを素直に実行できる方は、「自己資金だけで十分」とか「借金はしたくない」と言っている方たちとは、次元が違うと言っていいでしょう。

 

目の前のことに一生懸命になるのもいいですが、より遠い未来も視界に入れつつ経営していくことが、起業間際のときこそ重要ではないでしょうか

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065