創業融資広島センター

収支計画は本当に大事です!

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

このサイトで何度も言っていることですが、この収支計画(創業計画書の項目の事業見通し)は創業計画書を作るうえで最も重要なポイントになります。

 

収支計画

融資担当者は、あなたが作った収支計画を元に、
企業維持力返済能力があるかを判断します。

 

多くの起業者は、「起業する前に収支の計画を立てる必要があるのか」と、疑問をもたれるようです。

 

とくに数字の弱い起業者の方は、拒絶反応を起こしてしまうのではないでしょうかw

 

ここからは、融資担当者がどこをチェックしているのか、ポイントを挙げていきます。

 

投資と資金調達のバランスはとれてるか?-ポイント1

 

これは、創業計画書の「必要な資金と調達方法」とも関係してきます。

 

⇒創業計画書の書き方はこちら

 

起業時に購入する設備に、どのくらいのお金がかかるのか、という視点から収支計画を立てていくと思います。

収支と資金調達のバランス

 

これから起業していく事業にたいして、ふさわしい投資なのか、ましてや多すぎはしないのか、その投資に見合った利益が上げられるのか、といった点が考えられるでしょう。

 

資金調達の面では、必要な投資のための資金をどこから調達するのか、自己資金や借り入れについて、「この人は間違いなく調達できるか」とうところをチェックされるでしょう。

 

ところで、倒産の原因は様々あると思います。

 

倒産の原因の中で多くの割合を占めているのが、設備投資に過大なお金を使って、返済にお金が回らなくなったというケースです。

 

ではなぜ、過大な設備投資が倒産を招くのか、おわかりですか?

 

設備投資には通常、多くのお金がかかります。

 

そのお金はどこから出てくるかというと、手元にある資金や融資資金だと思います。

 

設備投資のために出ていったお金は、その設備から生み出される利益から回収していくことになるのです。

 

ただここで、計画通りに利益が生まれなかった場合、設備投資のために出ていったお金は回収できないことになります。

倒産

このことを「資金の固定化」といいます。

 

お金が回収できないということは、自由に使えるお金がないということです。

 

つまり、資金繰りが悪化しているといことですね。

 

と同時に、融資資金からお金を調達している場合、当然のことながら、利息の支払いが発生するとともに、元金も返済していかなければいけません。

 

場合によっては、その返済のために、あらたな融資を組んでいくこともあると思います。

 

こうなってしまうと、さらに資金繰りも悪化していきます。

 

この様にわかっていただけたと思いますが、設備投資というものは、企業がどう転ぼうが資金繰りに少なからず影響を与えていくのです。

 

設備投資をする場合は、十分な収支計画を作っていく必要があるのです。

 

実現可能性が高いものを予想して収支を立てているか-ポイント2

 

日本政策金融公庫の創業計画書に「事業の見通し」という欄があり、ここに書いた数字が実現可能なのかどうかチェックします。

 

起業者が最も頭を悩ます部分ですが、裏をかえすと、融資担当者も非常に判断に頭を悩ます部分なのです。

 

融資担当者は、融資を自分一人で決定するわけではありません。

 

稟議書というものを、案件ごとに書いて、これを上司に提出して最終的な判断をあおぎます。

 

そしてこの稟議書には、起業者が予想して収支を立てているのかという根拠を書かなければいけません。

 

たとえば、飲食店をオープンするとして、売り上げの平均客単価3000円で、席数が20席として、1日2回転すると想定します。

 

ここで、融資担当者に「1日2回転するとしたのはナゼですか?」ということを聞かれます。

 

これに対してあなたは、しっかりとした根拠をそえて、融資担当者を納得させなければいけません

 

融資額を引き上げようと、適当に売り上げ数字を書いているだけでは、とうてい答えることができませんよね。

 

ここで!あなたの答え方によって、融資の成否が決まるのです!

 

融資可決

また、融資担当者の心配事としてあげられるのが、融資をOKしたにもかかわらず、短期間で返済ができなくなることです。

 

これには、あなたが起業した後、すぐにでも売り上げが上がるということを、具体的な資料顧客をすでに確保しているという書面など)を出して、証明してあげることが必要なのです。

 

原価、経費についても、「業界平均と比べてどうなのか」「経費の金額が少なすぎないか」「家賃としては高すぎるのではないか」といった視点でチェックされます。

 

資金繰りの見通しは立てられているか-ポイント3

 

資金繰りとは、実際にすぐ使える現金(自由に使えるお金)を経費などの支払いにあてて、資金の動く流れを止めないようにすること。

 

収益の実現可能性に加えて、資金繰りの見通しも重要です。

 

融資担当者は、創業計画書の「事業の見通し」の項目で収益を予測します。

 

しかし、創業計画書では、資金繰りの見通しを予測することはできません。

 

そのために「資金繰り表」というものを作成する必要があります

 

そもそもなんで、資金繰りの予測をするのかというと、収益と資金繰りというのは、相反するといいましょうか、異なる結果をもたらすことがよくあるのです。

 

資金繰り

「黒字倒産」というのを聞いたことがありますでしょうか?

 

ポイント1でも先述しましたが、

 

利益が出ている会社でも、設備投資にお金をかけすぎたりして、利益が入ってくる前に支払いが先行してしまう場合(資金繰りが苦しくなるという)、支払いが増えすぎて、利益も追いつかなくなり、利益があるのに倒産してしまうのが黒字倒産なのです。

 

こうならないためにも、資金繰り表を作って、しっかり見通しを立てましょう。

 

収支が予想していたものより少なかった場合、どこから補てんするのか-ポイント4

 

ポイント2で収支の実現可能性が認められたとしても、「起業したら予測通りの売り上げにはならなかったよ」ということがよくあります。

 

そういった場合では例えば、「うちの親父がアパート経営をして家賃収入がある」「妻が株をしていてそこからの副収入がある」など、補てんができることを融資担当者に積極的にアピールしましょう。

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065