創業融資広島センター

借金はよくないことなのか?

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

「創業融資=借金をすること」は決して間違いではありませんが、正しくもないといった感じです。

 

「借金」というと怖いからしてはいけないと、否定的に思ってしまう方がおおいのが現実だと思います。

お金が無くなっていく様子

皆さんご存知のソフトバンクに、いくら借り入れがあるか知っていますか?

 

なんと11兆円の借り入れがあるといいます。

 

では「今にも、倒産してしまう」というわけではありませんよね。

 

ビジネスにおいて、お金はためていくものではなく、「運用してなんぼ」と言われているのです。

 

すでに起業を考えられているあなたならご存知だと思いますが、会社が借金をするのは、赤字だからするというのはマレで、むしろ新たな設備投資など、積極的な事業展開のためにすることが多いのです。

 

上手な借金をすることは、いわばお金を増やすための「一つの手法」なのです。

 

 

では、借金をドンドンしていけばいいのかというと、そうではありません。

 

事業を軌道に乗せられなければ、返済負担がおもくのしかかってくるのは当たり前です。

 

大事なのは、借金のメリットとデメリットを理解し、うまく付き合って、利用することです。

 

 

借金のデメリット

デメリット

  • 利子を払わなければいけない
  • 借入先によっては高金利のところがある
  • 精神的な負担になる
  • 返済が遅れると督促や差し押さえの可能性がある
  • 借金に頼りすぎてしまう

 

 

借金のメリット

メリット

  • 買えなかったものが買えるようになる
  • 資金繰りに余裕ができ、積極的に事業展開(広告営業など)ができる
  • 返済をすることで、金融機関との信用が生まれ、次の借り入れがしやすくなる
  • 投資をすることで、リスクを分散できる
  • 借金することにより、「より頑張ろう」という気持ちになる

自己資金のみの起業はとても危険!

自己資金については自己資金に関する説明でも書いています。ご参考に

危険

 

「自己資金があれば、借金する必要はないのではないか」

 

これは、みなさんから一番よくお聞きする意見ですね。

 

自己資金で何とかなるから創業融資は受けないことにしよう、と考えるのは妥当な考え方です。

 

でも実は、自己資金だけで起業することは、とても危険なのです。

 

なんなら、起業時に積極的に借金する方が安心で安全なのです。

 

こう断言する3つの理由があります。

 

1 起業しからの数ヶ月で自己資金は飛んでいく

 

最初はあったお金も、起業した後はあっという間になくなっていきます。

 

計画していた設備の資金が、見積もりよりも多くかかったというように、始めてみたら予想以上にかかることがあります。

 

またほとんどの会社は、最初の何か月は、思ったように売り上げが上がらず、赤字が続くでしょう。

 

さらに、サラリーマンのように今月分の給料が来月末になるように、会社の売り上げも、実際に振り込まれるまでに日数がかかります。
その間、先に経費が出ていくので、キャッシュ(自由に使えるお金)が瞬く間に消えてなくなっていくのです。

 

こうなってから、「お金を貸してください」といっても無理な話で、相手をしてくれる金融機関はいないでしょう。

 

ですから起業時は借金してでも、十分なキャッシュを確保したうえでスタートをきったほうがいいのです。

 

自己資金は、いざというときの保険として取っておけばいいのです。

 

2 融資は起業と同時が借りやすい

 

「起業して事業資金がなくなるころに融資をうければいいんじゃないか」と、考えるかたがいます。

 

しかし、金融機関は手元にお金がない人に対して、融資を行いません。

 

ましてや、実績が悪いとなるとなおさらです。

 

起業する前であれば、金融機関は、あなたの創業計画からしか判断できませんし、実績も関係ありませんので、はるかに融資が通りやすいのです。

 

3 資金調達のイロハを学ぶことができる

 

融資をうけること=資金調達のノウハウは、これからの事業に生かせる、しっかりとした会社の土台になるでしょう。

ノウハウを学ぶ男性

事業を進めていると、必ずまとまったお金が必要となる場面があります。

 

そのときに資金を調達しようとしても、ノウハウがなければうまくいきません。

 

最初に融資をうけることで、必要な手続きや金融機関との対応もマスターできるので、資金調達がスムーズにいくのです。

 

いざという時に、短期間で融資を受けられる

 

一回目と同じ金融機関で融資をうける場合、既に返済をした実績があれば、それほど時間をかけずに融資を行ってくれます

 

また、新規の金融機関からも、返済実績があるということで評価を受け、あなたの信用は上がります。

 

以上のような理由から、自己資金のみで起業するのではなく、創業融資を活用することをススメルのです。

融資を受けて起業するとつぶれにくい

絶望的ともいえる廃業率!

 

ここに、起業の廃業率を示すデータがあります。

 

  1. 1年・・・・60%
  2. 5年・・・・・85%
  3. 10年・・・・94%

そうなんです!1年で半分以上の方が起業に失敗しているのです!

 

ところがです!ここに一つ興味深いデータがあります。

 

日本政策金融公庫の「新規開業パネル調査」というものです。

存続廃業状況

古いデータですが、今もそんなに変わりはないです。

 

このデータは、創業融資を受けて開業した会社にたいし、5年間にわたってアンケートを依頼して存続状況を調査したものです。

 

この調査によると、開業して5年後に存続している会社が83.3%あるという結果になっています。

 

これは、創業融資を活用して、事業に余裕をもってスタートしたからでしょう。

 

もう一つは、日本政策金融公庫の創業融資を勝ち取ったというのが大きいのではないでしょうか。

 

というのも、起業者は融資を得るまでに、事業計画を何度も練りなおします。

 

事業計画を融資担当者に説明するうちに、自らのビジネスプランを進化させ、事業の持久力を付けていったものと思われます。

 

さらに、融資をうけたということは、日本政策金融公庫のお墨付きをもらったということです。

 

お国からのお墨付きです! 長く続くのは当然といえるのです。

 

事業計画も作らず、一回も他人に評価されることなく起業した人は、「自分ならダイジョブ」という判断で起業した人は、成功しないものなのです

 

 

 

 

 

 

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065