創業融資広島センター

制度融資とは?

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

日本政策金融公庫以外で、利用しやすい融資に、地方自治体が取り扱う「制度融資」があります。

 

既存の中小企業や起業者への支援をする政策目的で実施しているもので、自治体によって条件や利率がことなります

 

どう調べればわからないという方は、ネットで「○○県 制度融資」とうって、検索してみてください。

保証書

⇒広島県の制度融資(創業支援資金)
⇒岡山県の制度融資(新規創業資金)

 

自治体の公的機関である「信用保証協会」という機関の保証人を付けることが条件になっていますが、連帯保証人なしで融資をうけることができます。

 

信用保証協会へは、融資の実行時に「保証料」を支払うことになります。

 

信用保証協会とは、起業者が返済できなくなったときに、あなたに代わって金融機関にお金を返してくれる機関です。

 

⇒さらに詳しく信用保証協会とは?

 

実際に融資のお金を出してくれるのは、この自治体からのあっせんを受けた、銀行などの民間金融機関です。

 

融資の基準に合っているかなどの起業者との面談は、銀行だけでなく、信用保証協会もします。

 

信用保証協会がOKサインを出せば、紹介状を受けることができるます。

 

金融機関に紹介状を提出して審査を受け、融資を得るというカタチになっています。

 

ここまで読んできてお気づきだと思いますが、制度融資は、融資を申し込む起業者のほかに、自治体、民間金融機関、信用保証協会の3者が登場するのです。

 

日本政策金融公庫の創業融資とくらべて、登場人物が多いのです。

金融機関

「制度融資」は、次のようなメリットがあります。

 

制度融資のメリット

 

1%台の低金利が最大のメリット

 

制度融資の一番のメリットを挙げるなら、低金利で融資を受けられることであろう。

 

融資の利率は、1%台のものが大半で、日本政策金融公庫の創業融資よりも低いことが多い

 

これは、融資の利息の一部を自治体が負担してくれる優遇措置や、信用保証協会の保証料の一部を自治体が負担してくれるなど、自治体が優遇してくれるケースが多いからだ。

 

ただし注意をしなければならないのは、信用保証協会の保証料が融資実行時に差し引かれるので、それも念頭にいれる必要があります。

 

・信用保証協会の信用がえられる

 

制度融資を利用して、しっかりと返済していけば、信用保証協会の利用実績になります

 

その後に追加の融資がほしいときには、一度返済したという実績があるので、信用保証協会の保証をうけて、融資が通しやすくなります

制度融資のデメリット

 

・先述してきましたが、制度融資の利用には、信用保証協会の保証を受けることが必要条件になります。
そのため、融資利息のほかに保証料の負担が発生します。

 

・審査をパスするためには、自治体、民間の金融機関、信用保証協会という3つの関門をくぐり抜ける必要がある。
とりわけ、信用保証協会の審査をパスするのが最大の難関です。

融資をうける図

 

・希望額での借り入れができないことが多い。

 

・税金を滞納していると、融資がおりないことがある。

 

・申し込みをしてから、融資が実行されるまで時間がかかる

 

自治体、民間の金融機関、信用保証協会の三段階の審査があるため、実行まで2か月というケースも多く、日本政策金融公庫の創業融資よりも時間がかかる

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065