創業融資広島センター

自己資金に関して

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

コツコツとためたお金

コツコツとまじめに貯めたお金の流れがきちんと通帳に記帳されてあることが重要です。

 

自己資金が多い方が計画的に事業を練っており、真剣さの度合いも高いと評価されます。

 

もちろん自己資金が多ければ多いほど高い評価を受けます。

 

 

しかし、こういう貯め方をしたお金は「見せ金」と呼ばれ自己資金としての評価を受けません。

  • 消費者金融やクレジットローンで一時的に借りたお金
  • 通帳記帳の履歴のないお金(タンス預金)

 

一方、こういうお金は自己資金としての評価を受けます。

  • 公庫の申し込み前に事業用の備品などで支払い済みのお金
  • 契約書の作成に基づいたうえで知人や親せきから借りたお金

 

 

 

日本政策金融公庫の自己資金の要件がゆるくなった?!

最近は、起業者にとって喜ばしいことに、必ずしも自己資金が少なくても融資をうけられる可能性が高くなりました

 

昔はというと、「すべての事業にかかるお金の中の3分の1は、自己資金として用意してくださいよ」という体だったのですが、今はこの要件が緩和されて、3分の1が10分の1以上の自己資金というふうになりました。

 

ということは、1000万円の事業資金を考えていたとしたら、100万円を自分で用意し、残りの900万円の融資をうけることが制度の上ではできることになったということです。

 

しかも、ほかのいくつかの条件をクリアしたならば、自己資金は0円でもいいことになっています。

 

私が聞いた話ですと、創業融資の担当者は、「自己資金を持っていることと、事業が成功するかどうかは関係ない」という考えがあるようなのです。

要件が緩和されたが誰でも借りられるわけではない!

 

 

ある若者が、100万円をどこからか、かき集めてきて「じゃあ、900万円貸してよ」と言ってきたって、あなたなら貸しますか?

 

そんな感じ(何の計画性もない)で来られたら、

 

絶対貸さないですよね。

 

こんな人に貸して、貸し倒れでもされたら、担当者の実績も落ちるのです(>_<)

融資における自己資金の要件が緩和されたとはいえ、起業直後から借り入れに占める割合が多いと、必ず苦しい状況に陥ります

 

やはり、起業前にできるだけお金をためてスタートするというのは、どんな金融機関からお金を借りるとしても、基本になるところであることを認識する必要があります。

 

そして、これから起業して、日本政策金融公庫の創業融資を申し込むというなら、自己資金を3分の1はためる努力は当然必要というわけです。

借金の返済のために、日本政策金融公庫から借り入れを申し込もうとする方へ

日本政策金融公庫は事業融資専門なので、生活のためだとか借金返済のためだとかの融資は一切行っておりません。

 

ですので今ある借金が苦しいからと公庫から借り換えしたいとお思いの方は、借金そのものを返済しない限り解決には至りません。

 

自己破産・ブラックの方

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065