創業融資広島センター

返済できることを文字でアピールしよう!

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

前提として、金融機関は、手堅く事業を続けていけると思える起業者に融資をおこないます。

 

それは、金融機関の融資の収入源が利息であり、そこに大きな収入が期待できないからです。

アピールする男性

 

融資先が一つでも破たんすれば、それを補うために他で高額の融資案件を獲得しなければなりません。

 

そのため、金融機関の融資の合否のポイントは、「事業がうまくいき、しっかり返済できるか」というところに落ち着くのです。

 

こういう背景があることを理解して、事業計画の作成にのぞめば、おのずとよい結果が訪れるのです。

 

事業がうまくいき、返済できるということをどのように事業計画に落とし込んでいけばいいかのポイントをあげます。

 

どんな事業をしようとしているのか

 

どのような事業で、どんなことを目的として行っていくのか。

 

あいまいに書くのではなく、明快に書くことが大切です。

 

例えば、

  • どのような商品をつくるのか
  • その商品を誰に提供するのか
  • 商品はどこから仕入れるのか

などと記入します。

ダメ

 

当然ですが、実現不可能なことを書いてもダメです。

 

確実に実行できる未来を融資担当者にアピールしましょう!

融資を受けたい事業に関しての経験はあるのか

 

金融機関は、「経験している事業の方が成功しやすい」という考えを持っています。

 

「そう言われても経験なんてないよ」という場合でも、小さな関連性をみつけて、それをアピールしていかなくてはいけません。

 

あなたの強みとは?

強みをアピール

 

競合と比べてどういったところが優れているかアピールしましょう。

 

商品の販売先や仕入れ先は決まっているか?

 

販売先、仕入先、外注先などの取引先を確保しているか。そこが要求されます。

 

他からも借入があるのか、その額は?

 

他にも借入がある場合、今回のと合わせた返済額が、予想した収益からちゃんと返済できるのかどうかが求められます。

 

投資計画と資金調達の帳尻はあうのか?

 

事業に対する投資が、ちゃんと計画した通りになっているのか、無駄なものに投資はしていないか。

 

資金調達は実現可能なものなのかどうか。

 

収支の見込みは甘くないか

重要ポイント

 

ココが一番大事になってくる項目になります。

 

売り上げ見込みは甘くないか、経費の記載漏れはないか、返済できるだけの利益が見込めるのか。

 

 

これらのポイントを意識して事業計画をねっていけば、融資担当者も思わず融資したくなるでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065