創業融資広島センター

融資が減額された場合のことも想定しておく

こんにちは、広島県福山市で行政書士をやっています、創業融資広島センターの妹尾です。

 

 

これは、日本政策金融公庫の創業融資を申し込むうえで、覚悟しておかなければならないことです。

 

日本政策金融公庫の創業融資がほかの金融機関とくらべて、融資が甘いと言っても満額おりることは少ないです。

 

日本政策金融公庫は、起業者が貸してほしいと思っている希望額を希望通りに貸すのではなく、創業計画書から起業者の本当に必要とされる資金だけを見極めて融資するのです。

 

当初の希望よりも減額されると、計画していた初期投資ができなくなったり、起業後の資金繰りが厳しくなってきます。

小さく育てる

でもここで、落ち込んでいては話になりません。

 

起業においての基本の言葉でもある「小さく始めて大きく育てる」という意識で、前を向いてスタートをきらなければいけません

融資が減額された場合の計画も盛り込んでおく

設備投資の資金は、融資資金の使い道としてはっきりしていますので、運転資金に比べると減額される可能性が高い傾向にあります。

 

例えば、設備投資としてある機器を3台計上していたとしても、「最初は2台で十分じゃないですか?」と日本政策金融公庫の融資担当者に言われることがあります。

 

いったんこのような判断を下されると、あなたが必要な設備投資であることをアピールしても、なかなか覆ることは難しくなります。

 

融資の面談においては、あなたが一生懸命アピールすることも大事ですが、時には一歩引いて冷静な対処ができることも融資担当者が見ているポイントの一つなのです。

 

このケースで言えばどう対処すればいいかというと、

 

2台は通常通り購入して、残り1台はリースにするとかに変更するのです。

 

この様な対応みて融資担当者は、あなたの事業が計画通りにいかないときでも、臨機応変に最善の策を立てることができる経営者だと判断してくれるのです。

 

冷静に対応

 

減額融資の対象の資金使途について確認しておく

500万円の融資を申し込みしたが、審査の結果250万円しかおりなかったといったケースの場合を考えてみましょう。

 

この場合、500万円の使い道を設備資金に250万円、運転資金にも250万円としていた場合、審査結果の250万円の融資はどちらに対しての融資なのかがはっきりわかりません。

一括返済

 

通常、融資は設備資金の方が優先されます。

 

減額融資を受けたとしても、計画していた設備は必ず購入するようにしましょう

 

設備の購入をやめて、運転資金の方にまわしてしまうと、資金使途流用とみなされて、分割返済を断って、一括返済を求めてくる可能性もあります

 

万が一、融資の対象としているのが設備資金の方なのか、運転資金の方なのかわからない場合は、融資担当者に聞いておきましょう。

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065