広島県福山市創業融資センター

創業融資Q&A

自己資金はどのくらい必要ですか?

日本政策金融公庫の創業融資の場合ですと、必要融資額の10分の1さえ用意できれば、融資の申し込みをすることができます。

 

ただ10分の1の自己資金で融資がうけられる人はごくマレです。

 

私の経験からも3分の1は自己資金があったほうがいいです

 

⇒自己資金に関する説明はこちら

親からの資金援助は自己資金になる?

自己資金にできないことはありませんが、融資担当者から厳しくお金の流れをチェックされるでしょう。

 

親自身が資金に余裕があれば別ですが、資金に余裕もないのにお金を贈与したとなると、後々親に返済するのではないかと疑われます。

 

こうしたお金は、借入金とみなされますので、当然自己資金にはなりません

日本政策金融公庫の創業融資と制度融資はどちらが借りやすいですか?

日本政策金融公庫の創業融資が借りやすさで言えば一番です!

 

⇒制度融資とは

日本政策金融公庫と制度融資では、どちらが審査が早いですか?

日本政策金融公庫のほうが早いです。

 

日本政策金融公庫で3週間〜1か月、制度融資で1〜2か月はかかるでしょう。

会社でなく個人でも借りられるの?

会社でないとだめという規定はありません。

 

個人の方でも借りることは当然できます

 

会社を設立した方が融資を受けやすいというわけでもありません。

 

ただし、法人顧客がいる場合は会社の方が有利でしょう。

外国人でも借りられるの?

日本に帰化し方、永住者の方なら可能です。

 

在留資格が「投資・経営」の方には、融資がおりにくいのが現状となっております。

日本政策金融公庫と制度融資、どちらが金利が低いですか?

ほとんど同じだと言っていいでしょう。

 

金利が低いと言われている制度融資も、信用保証協会への保証料を含めるとさほど変わらないでしょう。

 

⇒信用保証協会について

自己資金はどうやって確認される?

預金通帳を、6か月さかのぼって確認します。

タンス預金でも、自己資金として認めてくれる?

非常にキビシイと思います。

 

ただ、現金の管理を収支表などで管理していれば、自己資金として認めてもらえる可能性はあります。

事業経験は必要ですか?

当然必要です!

 

6年くらいの経験が望ましいと言われてますが、足りない方は、他の経験もおりまぜてアピールしましょう。

資金繰り表は作る必要あるの?

資金繰り表がなくても、融資の申し込みは可能です。

 

しかし、資金繰り表があるとないとでは、融資担当者の印象は変わります。

 

何年も先の資金繰り表を作る必要はありません(単に数字遊びだと思われてしまう)が、一年分は作るべきでしょう。

創業融資を受けれない業種はあるの?

あります。

 

日本政策金融公庫ー金融業、保険業、遊行娯楽業など

 

制度融資ー農林漁業、金融業、学校・宗教法人、非営利団体(NPOなど)、風俗関連営業

 

法人開業の場合は、これらの項目を会社定款の目的に入れてしますと、融資を受けることはできません

税金の未納、滞納があるのですが、借りられますか?

税金の未納、滞納、公共料金の未払いは、融資否決理由となります。

年金を払っていなくても融資はおりるの?

日本政策金融公庫では、融資の審査において家賃、水道光熱費、税金などの支払い状況はチェックしますが、年金、国民健康保険料の支払いについては今のところチェックしてないようです

創業融資の申請前に事務所の賃貸借契約は結ぶべきなの?

本契約まで結ぶ必要はなく、仮契約で大丈夫です。

カードローンがあるのですが大丈夫でしょうか?

カードローンの支払いに遅れがなく、通常返せる範囲内の金額なら大丈夫です。

会社の場合、創業融資はいつ申し込むのがいい?

創業融資は会社設立前に個人として融資を申し込む方がいいです!

 

なぜ個人としてかというと、あなたが「融資決定後は会社設立を考えています」と融資担当者に答えたなら、「ではまず、会社を設立してから来てください」と追い払われてしまうからです。

 

それと、みなし自己資金の例外ですが、会社設立前の設立のために使ったお金は、自己資金として認めてくれません

 

これは日本政策金融公庫は、自己資金が多いほど借りやすいという点からです。

 

⇒みなし自己資金の詳しい説明はこちら「自己資金を増やす方法」へ

広島・岡山の創業融資ならお任せください

行政書士妹尾康忠事務所

メールでのお問い合わせ

〒720−0823 広島県福山市千代田町2−3−32−102

TEL 084−954−6515  FAX 084−993−4065